スポンサーリンク

死の面で生きる価値のある生活を作るもの|ルーシーカラニティ

この深く動く話で、ルーシー・カラニティは、末期のがん診断後に書いた若い神経外科医のポールを、人生と目的を反映して表現しています。 Kalanithi氏は次のように語っています。「生きることと死ぬこと、愛と喪失のすべての経験に従事してください。 「苦しんでも人間であることは起こらない。それはその中で起こる」

What makes life worth living in the face of death | Lucy Kalanithi
In this deeply moving talk, Lucy Kalanithi reflects on life and purpose, sharing the story of her late husband, Paul, a young neurosurgeon who turned to writing after his terminal cancer diagnosis. “Engaging in the full range of experience — living and dying, love and loss — is what we get to do,” Kalanithi says. “Being human doesn’t happen despite suffering — it happens within it.”

Lucy Kalanithi

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする