TED一覧

素晴らしいアイデアを見つける方法| OK Go

OK Goはトレッドミルでのダンス、ゼロ重力での飛行、ミュージックビデオ用の倉庫サイズのRube Goldbergマシンの構築などのアイデアを思いついていますか? "This Too Shall Pass"と "One Moment"のライブパフォーマンスの間に、リードシンガーとギタリストのDamian Kulashがバンドの創造的なプロセスの中に私たちを連れてきて、驚きと驚きを探す方法を教えてくれます。

How to find a wonderful idea | OK Go
Where does OK Go come up with ideas like dancing on treadmills, flying in zero gravity or constructing a warehouse-sized Rube Goldberg machine for their music videos? In between live performances of “This Too Shall Pass” and “The One Moment,” lead singer and guitarist Damian Kulash takes us inside the band’s creative process, showing us how to look for wonder and surprise.

OK Go


ジカや他の蚊による病気に対する秘密兵器|ニーナ・フェドルフフ

Zikaはどこから来たのですか?それについて何ができるのですか?分子生物学者のニーナ・フェドーロフ氏は、感染した蚊が増殖するのを防ぐことによって、ウイルスやその他の致命的な病気を阻止する論争の的になる方法を提案して、ジカの起源とその広がりを理解するために世界中で私たちを取り上げます。

A secret weapon against Zika and other mosquito-borne diseases | Nina Fedoroff
Where did Zika come from, and what can we do about it? Molecular biologist Nina Fedoroff takes us around the world to understand Zika’s origins and how it spread, proposing a controversial way to stop the virus — and other deadly diseases — by preventing infected mosquitos from multiplying.

Nina Fedoroff


これは民主主義のようなものです|アンソニー・D・ロメロ

2017年にアメリカの政治環境を理解するために、弁護士とACLUのエグゼクティブディレクターのアンソニー・D・ロメロは、ルネッサンス家のルネサゼティ氏によるルネッサンス時代の14世紀のフレスコ画に驚くべき場所に目を向けました。 600年前の絵画は、今日私たちに人生について教えてくれるでしょうか?たくさん出てくる。ロメロは絵画そのもののような印象を与えるトークですべてを説明します。

This is what democracy looks like | Anthony D. Romero
In a quest to make sense of the political environment in the United States in 2017, lawyer and ACLU executive director Anthony D. Romero turned to a surprising place — a 14th-century fresco by Italian Renaissance master Ambrogio Lorenzetti. What could a 600-year-old painting possibly teach us about life today? Turns out, a lot. Romero explains all in a talk that’s as striking as the painting itself.

Anthony D. Romero


てんかんと一緒に暮らすことについてなぜ話すのですか?シタワワフルタ

いったんてんかんで家に帰ると、精神衛生主義者のシタワ・ワフラは、それについて書いている彼女の強さを見つけました。今、彼女は自分の声を見つけようとしていない他の人たちに、汚名と排除を切って、その状態で暮らすのが好きであることについて話をすることを勧めます。

Why I speak up about living with epilepsy | Sitawa Wafula
Once homebound by epilepsy, mental health advocate Sitawa Wafula found her strength in writing about it. Now, she advocates for others who are yet to find their voices, cutting through stigma and exclusion to talk about what it’s like to live with the condition.

Sitawa Wafula


貧困は文字の欠如ではありません。それは現金の不足です| Rutger Bregman

歴史家のRutger Bregmanは、「アイデアは世界を変えることができますし、変えることができます」と述べています。アイデアの500年の歴史と実際に働いた現代の忘れられた経験についてもっと学びましょう。そして、貧困をなくすためにどれだけのエネルギーと才能を発揮するのか想像してください。

Poverty isn’t a lack of character; it’s a lack of cash | Rutger Bregman
“Ideas can and do change the world,” says historian Rutger Bregman, sharing his case for a provocative one_ guaranteed basic income. Learn more about the idea’s 500-year history and a forgotten modern experiment where it actually worked — and imagine how much energy and talent we would unleash if we got rid of poverty once and for all.

Rutger Bregman


革命的な自己管理の行為として歩く| T.モルガン・ディクソンとヴァネッサ・ギャリソン

「黒人女性が歩くと、物事が変化する」と、健康非営利団体のGirlTrekの創設者、T. Morgan DixonとVanessa Garrisonは言う。彼らは、黒人女性の予防可能な死因の主な原因を減らし、その過程で地域社会を築くという使命を持っています。どうやって? 100万人の黒人女性と女の子に自分のセルフケアを優先させることで、靴を紐止めし、最も健康的で充実した生活の方向に歩きます。

Walking as a revolutionary act of self-care | T. Morgan Dixon and Vanessa Garrison
“When black women walk, things change,” say T. Morgan Dixon and Vanessa Garrison, the founders of the health nonprofit GirlTrek. They’re on a mission to reduce the leading causes of preventable death among black women — and build communities in the process. How? By getting one million black women and girls to prioritize their self-care, lacing up their shoes and walking in the direction of their healthiest, most fulfilled lives.

T. Morgan Dixon and Vanessa Garrison


なぜ学校は10代後半から始めるべきか|ウェンディ・トロキセル

ティーンエイジャーは十分な睡眠を取らず、スナッチャート、社会生活やホルモンのためではありません。それは公共政策のためだとウェンディ・トロキセルは言います。 Troxelは、睡眠研究者、臨床医師、ティーンエイジャーの母親としての経験から、学校の早期就業時間が青少年の生活の中でどのように最も欲しいときに睡眠を奪うのかについて話し合っています。

Why school should start later for teens | Wendy Troxel
Teens don’t get enough sleep, and it’s not because of Snapchat, social lives or hormones — it’s because of public policy, says Wendy Troxel. Drawing from her experience as a sleep researcher, clinician and mother of a teenager, Troxel discusses how early school start times deprive adolescents of sleep during the time of their lives when they need it most.

Wendy Troxel


すべての面が勝つことができる気候ソリューション|テッド・ハルステッド

なぜ我々は気候に大きな影響を受けているのですか?そして、進歩するためには考えられないほどの障壁を克服するためには何が必要でしょうか?政策起業家Ted Halsteadは、自由市場と限られた政府の控えめな原則に基づいた変革的な解決策を提案する。この炭素配当計画がどのように気候ソリューションに対する国際的なドミノ効果を引き起こすかについて詳しく学んでください。

A climate solution where all sides can win | Ted Halstead
Why are we so deadlocked on climate, and what would it take to overcome the seemingly insurmountable barriers to progress? Policy entrepreneur Ted Halstead proposes a transformative solution based on the conservative principles of free markets and limited government. Learn more about how this carbon dividends plan could trigger an international domino effect towards a climate solution.

Ted Halstead


死の面で生きる価値のある生活を作るもの|ルーシーカラニティ

この深く動く話で、ルーシー・カラニティは、末期のがん診断後に書いた若い神経外科医のポールを、人生と目的を反映して表現しています。 Kalanithi氏は次のように語っています。「生きることと死ぬこと、愛と喪失のすべての経験に従事してください。 「苦しんでも人間であることは起こらない。それはその中で起こる」

What makes life worth living in the face of death | Lucy Kalanithi
In this deeply moving talk, Lucy Kalanithi reflects on life and purpose, sharing the story of her late husband, Paul, a young neurosurgeon who turned to writing after his terminal cancer diagnosis. “Engaging in the full range of experience — living and dying, love and loss — is what we get to do,” Kalanithi says. “Being human doesn’t happen despite suffering — it happens within it.”

Lucy Kalanithi


より安全なAIを作成するための3つのガイドライン|スチュアート・ラッセル

ロボットインテリジェントAIの力をいかに活用しながら、ロボット買収の大惨事も防ぐことができますか? AIの先駆者、スチュアート・ラッセルは、すべてが知っている機械の作成に近づくにつれ、不確実性のある少し異なるロボットに取り組んでいます。常識、利他主義、その他人間の深い価値観を使って問題を解決できる、人間に適合したAIのビジョンを聞く。

3 guidelines for creating safer AI | Stuart Russell
How can we harness the power of superintelligent AI while also preventing the catastrophe of robotic takeover? As we move closer toward creating all-knowing machines, AI pioneer Stuart Russell is working on something a bit different_ robots with uncertainty. Hear his vision for human-compatible AI that can solve problems using common sense, altruism and other deeply human values.

Stuart Russell