スポンサーリンク

コールカード:日本の名刺の進化

1948年1月26日の午後、東京の椎名町の帝国銀行(帝国銀行)の支店に、公衆衛生当局を主張する男性が歩み寄り、16人全員に赤ちゃんが出てきたことを伝えた。

Calling card: the evolution of business cards in Japan
On the afternoon of Jan. 26, 1948, a man claiming to be a public health official walked into a branch of Teikoku Ginko (Imperial Bank) in Tokyo’s Shiinamachi district and told all 16 people present that dysentery had broken out in the neighborhood.

The Japan Times

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする